激増する「浮き指」のチェック方法を再認識!


最近やテレビや新聞・雑誌などでも取り上げられていることが多くなった浮き指。
浮き指研究の第1人者である笠原 巖 院長が今から約45年程前より着眼し、浮き指の基準を定義づけして警鐘を鳴らしています。
様々な情報が行き交っているので、ここで今一度その判断基準を明記したいと思います。

◆◆◆浮き指の判断方法(カサハラ理論)◆◆◆
前半の記事ではチェック項目①から⑤をご紹介します。

① 足の親指を甲側に押したときに、「90度以上」沿ってしまう
浮き指チェック方法
「浮き指」は親指を甲側に押したとき、90度以上曲がる・反る状態をいいます。その判断基準として、裸足で生活をする7か国を調査し比較検討した結果、男性は甲側に平均45度、女性は甲側に平均75度くらいが限界だったのです。このことから90度以上を異常という目安にしているのです。

この浮き指があると、歩くとき指が地面に設置しない「指上げ歩き」となり、重心がかかとに片寄るため、姿勢の崩れももちろん、ひざ・腰・首などの不調にも繋がります。


② 指の付け根(足裏側)に本来はヒトにあるはずのない「肉球」がある
足裏の肉球
浮き指があると、足指の付け根が、まるで犬や猫など動物の足に存在する「肉球」のように容易につまめてしまう状態になります。
浮き指で指が踏ん張れていないと、指の付け根を打ちつけて歩くため、足裏のアーチが消失し、逆に舟底型になってしまうのです。
さらにほとんど「かかと着地」で歩いているので、筋肉が未発達のまま、肉球状態になっているのです。

このような肉球状態で運動やスポーツなどを繰り返していると年齢や性別にかかわらず、高い確率でスポーツ障害になってしまうことを引き起こすことにもなるのです。

③ 立った状態で、足指が地面から浮いている
実際に浮いている指

一般的に立った状態でも「浮き指」であるかの判断は、ある程度はできますが、やはり前述した「足の親指が90度以上曲がる・反る」というのがポイントです。
実際に確認する方法としては、足裏の圧力測定器により、足指の設置状況を調べることが出来ます。
フットプリントの写真
こちらの画像は実際に測定したものですが、足の指が青く写っているのは、全く指が地面に接地しておらず、踏ん張って立てていないことを示しています。
このように実際の撮影で、自分の悪い立ち方を知ったという方も少なくありません。


④ 足指に巻き爪がある
巻き爪の足
巻き爪に悩んでいる人は多く、様々な改善方法を試していますが、根本から改善出来たという方は少ないようです。

巻き爪の原因は「爪に重力の負担がかからない」ために起こります。
つまり改善するためには足裏のバランスを整えて、浮き指自体を改善しなければいけません。
自分でケアする方法は、足裏のバランスを整えて指を使って歩けるようにすることです。指が踏ん張り、爪に重力の負担がかかるようになると、爪は自然と平らになってくるのです。

⑤ 足裏や指の背にタコがある
タコやウオノメのある足
足裏のタコは、浮き指などで指が浮いていると指の付け根を打ちつけて歩くため、骨を守ろうとする防御反応から皮膚が厚くなるのです。また、指の背のタコは、浮き指で指が浮いているとくつの中で指の背がくつの上側にこすれてタコができてしまうのです。
タコがある人は歩くたびに地面から繰り返される衝撃波とねじれ波を多く受け、ひざ・腰・首へと負担がかかっている証拠でもあります。
テーピングや専用サポーターなどで足裏のバランスを整える事はもちろん、低下した免震機能を高める必要があります。 今履いている靴に、「免震インソール」をいれるだけでも格段に免震性能が向上するのです。

免震インソールの効果

このように、「浮き指」かどうかをこれらのチェックポイントから判断する方法があります。
正しい原因を知れば、自分で改善することは可能です。
ぜひこれらを参考にしてみて下さい。

※当ブログ記事の内容は全て「足裏から全身を重力とのバランスで整え、安定機能、免震機能、運動機能を高め、未病のうちに改善」するための健康促進行為です。
健康寿命の延伸と、医療費削減を目的とし、断じて医療行為を行うものではありません。

※「浮き指」は、浮き指研究の第1人者、過労性構造体医学創始者・笠原巖先生が約45年前、まだ誰も気づかない中、足の研究を始めたきっかけとなった足裏の異常です。
これまで初検だけで11万人以上の患者さんの足をみる一方、5年にわたる海外での足の調査約4700件を行い、浮き指の判断基準を世界で初めてつくり、現代人に激増する足裏の異常の一つとして警鐘を鳴らしています。

※株式会社足裏バランス研究所 著作権©
当サイト内で掲載されている「浮き指」をはじめとする全サイト情報において、記述や画像等は全て著作権により保護されております。無断使用・転載・複製等は固くお断りしております。


動画

講演・その他活動情報

特別講座

笠原先生の新刊・雑誌・テレビメディア掲載情報


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール 未病サイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

浮き指改善グッズ

  • 外反内反靴下
    外反内反靴下

    脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。

  • 免震インソール
    免震インソール

    かかとの柔らかさに近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性で、かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。

  • ココベルト17
    ココベルト17

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」に。股関節の痛みや腰痛対策にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター エア式パソコン首サポーター

    専用の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。装着しながら日常を送ることで、首の加圧トレーニングとなり、首が鍛えられます。クッション性のいい素材で首が楽。パソコン・スマホ時・新幹線や飛行機などの移動時に最適!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

浮き指ブログ

浮き指ブログはこちら
Kasahara 【公式】浮き指研究の第一人者・笠原巖の浮き指専門サイト

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ