重力とのバランス医学「過労性構造体医学」

8方向の診断で慢性症状の原因を解明する!


私が提唱する新しい診断法の発見とは、
  • 負傷の瞬間を特定できない亜急性捻挫や慢性痛、骨損傷
  • 原因のはっきりしない自律神経失調状態、うつ状態、パニック状態
  • 原因不明の慢性病、生活習慣病(成人病)
などの症状に対し、今までとはまったく異なる角度から、隠れている本当の原因を見つけることなのです。

「自然界5次元構造」(縦×横×高さ×時間×環境×)は重力で成り立っているので、これを重力とのバランスで単純に割り算していくと、今まで解明することができなかった、「(1)前」「(2)後」「(3)左」「(4)右」「(5)上下」「(6)衝撃」「(7)ねじれ」「(8)環境」の8通りのバランスに分かれるので、これを「8方向の診断」と呼んでいるのです。
8方向の診断のポイントは、この中のどのアンバランスが最大原因となっているか、またその中のいくつかが複合して、痛みや不調・病気を起こしているのかを判断する方法です。
(1)縦(前・後)×横(左・右)×高さ(上下)×の構造学的なアンバランスを、足裏の不安定から患部や全身を判断
(2)衝撃(介達外力)×ねじれ(介達外力)×、となる時間経過(過労学的損傷)のアンバランスを、足裏の不安定から患部や全身を判断
(3)環境(反復性)による日常生活、スポーツなどで反復される環境条件のアンバランスを、足裏の不安定から患部や全身を判断
このようにして、足裏から患部や全身を力学的に判断してこそ、隠れていた本当の原因がわかるのです。 8方向の診断
8通りのアンバランスの解説

(前・後)
(1)前のアンバランス 患部を前後に分けた場合、重心点が前方に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
(2)後のアンバランス 患部を前後に分けた場合、重心点が後方に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調

(右・左)
(3)左のアンバランス 患部を左右に分けた場合、重心点が左方向に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
(4)右のアンバランス 患部を左右に分けた場合、重心点が右方向に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
高さ
(上下)
(5)上下のアンバランス 患部を上下に分けた場合、生理的弯曲の消失に伴って、重心点が真ん中に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
時間
(衝撃・ねじれ)
(6)衝撃のアンバランス 患部を診断する場合、構造学的アンバランスに「過剰な衝撃波」が繰り返されたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
(7)ねじれのアンバランス 患部を診断する場合、構造学的アンバランスに「過剰なねじれ波」が繰り返されたことが最大原因となる過労性の損傷や不調
環境
(体環境)
(8)患部環境のアンバランス 患部を診断する場合、(1)~(7)までのアンバランスに加え、片寄った生活環境が最大原因となる過労性の損傷や不調

動画

講演・セミナー案内

特別講座


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール ひざの痛みサイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

浮き指改善グッズ

  • 外反内反靴下
    外反内反靴下

    脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。

  • 免震インソール
    免震インソール

    かかとの柔らかさに近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性で、かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。

  • ココベルト17
    ココベルト17

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」に。股関節の痛みや腰痛対策にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター エア式パソコン首サポーター

    専用の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。装着しながら日常を送ることで、首の加圧トレーニングとなり、首が鍛えられます。クッション性のいい素材で首が楽。パソコン・スマホ時・新幹線や飛行機などの移動時に最適!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

浮き指ブログ

浮き指ブログはこちら
Kasahara 【公式】浮き指研究の第一人者・笠原巖の浮き指専門サイト

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ