重力とのバランス医学「過労性構造体医学」

宇宙飛行士の言葉から、美・健康と重力との関係を知る


誰も疑いようのない事実として、「人間は地球上において、重力の影響を受け続けている」ということがあげられます。日々の生活の中では当たり前すぎて逆に気が付かなくなっていますが、私たち地球上の人間は、無意識に重力とのバランスを効率よく保とうとしているのです。他の動物に比べ、高度な文明や言語を進化させてきた背景には、二足歩行により、地面から受ける「衝撃波とねじれ波」という破壊のエネルギーから“大切な脳”を効率よく守ってきたからだと言えるのです。
しかしながら、現代の様々な医療・健康増進の現場では、この“重力が美・健康に与える影響”についてはほとんど話題になっていないのが現状です。つまり重力のメカニズムが医療や健康・予防に生かされていないという〝落ち度〟があるのです。このようにはっきりとした事実がある以上、重力とのバランスから体の不調を追求し、そして学問的に裏付けていく必要があるのです。これこそ、これからの時代に必要不可欠で、大いに役立つからです。

その裏付けとして、宇宙飛行士の言葉を厳粛に受け止めなければなりません。日本人をはじめ、アメリカやロシアの宇宙飛行士が地球に帰還した時、言っている共通の言葉を思い出してください。
一様に「重力の威力、そのすごさ」をいろんな角度から表現しています。日本人宇宙飛行士の言葉もその都度、新聞で取り上げられています。
例えば、向井千秋さんの場合は、「宇宙飛行で一番感動したのは何?」と医師である夫が尋ねると、「宇宙から見た青い地球の美しさよりも、地球に帰還した時、初めて実感した地球の重力だった」と言っています。
毛利衛さんや土井隆雄さんも、重力について同様に語っています。若田光一さんは記者会見で、「まだ重力に慣れず、意識しないとコップを高く持ち上げられない。朝ベッドで体を起こすのも力が必要だ」 と言っています。
野口聡一さんは、「地球では本当に水が気持ちよい。水が流れる有難さを感じる」と、重力のある世界に戻った実感を水で表現しています。
山崎直子さんは、宇宙航空研究開発機構の医師に対して「地球に戻って重力の強さを非常に感じている」と話したといいます。
古川聡さんは、報道陣から地球の感想を尋ねられると、「重力をすごく感じる。普通にしているだけでも体が重い。重力のおかげでこうやって椅子にも座れる」と答え、各新聞で大きく取り上げられていました。
星出彰彦さんの場合、重力に慣れ、歩行が普通に出来るようになるまで三ヵ月以上の訓練が必要だと報道されていました。このように、皆、重力の威力、そのすごさを伝えようとしていました。
以上のことから、今こそ、私たちには重力とのバランス医学が必要なのです。
その最初の医学書として、私は柔道整復師の立場から、「過労性構造体医学」(重力とのバランス医学)を著し、理論として確立しています。

動画

講演・セミナー案内

特別講座


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール 未病サイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

浮き指改善グッズ

  • 外反内反靴下
    外反内反靴下

    脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。

  • 免震インソール
    免震インソール

    かかとの柔らかさに近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性で、かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。

  • ココベルト17
    ココベルト17

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」に。股関節の痛みや腰痛対策にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター エア式パソコン首サポーター

    専用の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。装着しながら日常を送ることで、首の加圧トレーニングとなり、首が鍛えられます。クッション性のいい素材で首が楽。パソコン・スマホ時・新幹線や飛行機などの移動時に最適!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

浮き指ブログ

浮き指ブログはこちら
Kasahara 【公式】浮き指研究の第一人者・笠原巖の浮き指専門サイト

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ