足の痛みと浮き指

アキレス腱炎・周囲炎・滑液包炎


症状

  • 「アキレス腱炎」はスポーツや急に長時間歩いた後、アキレス腱の中間部付近が腫れて痛むもので、発赤や熱感が伴います。足関節を背屈させると痛みが増強するのが特徴です。繰り返しのストレスにより、アキレス腱の微細な部分断裂や瘢痕化により、アキレス腱が健側(痛くない側)に比べ太く変性しているのが認められることもあります。
  • 「アキレス腱周囲炎」は「アキレス腱炎」に比べ炎症がアキレス腱とその周囲組織(パラテノン)に拡がった場合にそういわれます。アキレス腱と周囲組織(パラテノン)との間に摩擦が繰り返され起こります。「アキレス腱炎」と「アキレス腱周囲炎」は厳密に分けることは難しいです。
  • 「アキレス腱滑液包炎」は、かかとの皮膚とアキレス腱の間・アキレス腱とかかとの骨との間に存在し緩衝材の役割を果たすアキレス腱滑液包の炎症で「アキレス腱炎」「アキレス腱周囲炎」とともにかかとが靴とこすれて滑液包に炎症が起こるものです。

原因

「浮き指」「外反母趾」「扁平足」などの足裏の不安定があると、足指を使った正しい歩行が行えず、「指上げ歩き(浮き指歩行)」となり、ふくらはぎにある下腿三頭筋を持続的に緊張させアキレス腱を疲労させ損傷します。これにスポーツや窮屈な靴を履くなどの条件が重なると損傷を強くします。また、「指上げ歩き(浮き指歩行)」でかかとを過剰に突いて歩いていて、潜在的に腰椎の変形がある場合(腰椎ヘルニア、ぎっくり腰を繰り返す)などで、突出した骨棘(こつきょく)が坐骨神経を普段から圧迫して、下腿三頭筋を緊張させてアキレス腱を損傷させている場合もあります。アキレス腱断裂を起こした人に腰の異常が多く見られます。

対処法

足指を使った正しい歩行を促し、アキレス腱(下腿三頭筋腱)にかかる負担を軽減させます。(1)具体的には
A.「痛みのない場合のテーピング法

痛みのない場合のテーピング法

B.さらにその上にサラシ包帯で足関節の固定を行い、アキレス腱に加わる負担度(破壊力)より安静度(回復力)が上回るようにします。
C.また、腰椎の変形からくるアキレス腱の損傷には、クッション性の高い靴を着用し、人工筋肉素材の「免震インソール」を使用します。通常3~6か月で改善します。

免震インソール

免震インソール
かかとの柔らかさに近づけた「人工筋肉素材ソルボ」の優れたクッション性。
外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏から伝わる、過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。
痛みのある方や足裏にタコがある方、ウォーキングなどよく歩かれる方などにおすすめです。
(2)テーピングが難しいという場合は、テーピングの代わりになる
A.3本指テーピング靴下を履き、その上から
B.ヒールロックサポーターで足関節を固定する。
C.靴の中には免震インソールを入れる。

動画

講演・セミナー案内

特別講座

プロ向け講座


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール ひざの痛みサイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

浮き指改善グッズ

  • 外反内反靴下
    外反内反靴下

    脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。

  • 免震インソール
    免震インソール

    かかとの柔らかさに近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性で、かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。

  • ココベルト17
    ココベルト17

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」に。股関節の痛みや腰痛対策にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター エア式パソコン首サポーター

    専用の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。装着しながら日常を送ることで、首の加圧トレーニングとなり、首が鍛えられます。クッション性のいい素材で首が楽。パソコン・スマホ時・新幹線や飛行機などの移動時に最適!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

浮き指ブログ

浮き指ブログはこちら
Kasahara 【公式】浮き指研究の第一人者・笠原巖の浮き指専門サイト

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ