足の痛みと浮き指

かかとの痛み(踵骨骨底棘)


初期段階では画像診断において異常を確認することができず、患部をはっきりと特定できない場合が多くあり、そのためアキレス腱の痛みや足底筋膜炎と間違われやすい。治りが悪いので、まずは専門医の判断を仰ぐ。

症状

朝歩き始めにかかとの足裏部分にチクチクした痛みやズキンズキンとした痛みが起こり、時間経過に伴い痛みが和らいでいきます。悪化させると足を着く度に激痛があり、かかとを着いて歩けなくなってしまいます。痛みのある部分を手指で押すと、限局性の痛みが著しく、それとともに過剰に飛び出した骨棘(こつきょく=骨の出っ張り)を感じ取ることができます。この頃になるとX線などの画像診断でもはっきりと骨棘を確認できます。

原因

「浮き指」「外反母趾」「扁平足」などの足裏の不安定は足指を使った正しい歩行が行えず、重心がかかとに片寄り、かかとを多く突き過ぎるために炎症が起こり過剰な骨(骨棘)が出っ張ってしまいます。特に中高年で足指の筋力が衰えた場合や、安全靴などのクッション性の低い靴を履いたり、入院していて退院した後急にたくさん歩いた場合に起こりやすいです。急に踏ん張る力が衰え、かかとを多く地面に打ち付けたことが原因です。

対処法(自分でできる改善法)

足指を使った正しい歩行を促し、かかとにかかる負担を軽減させます。具体的には(1)「痛みのない場合のテーピング法」、さらにその上に足関節固定を行い、負担度(破壊力)より安静度(回復力)が上回るようにします。また、クッション性の高い靴を着用し、人工筋肉素材の「免震インソール」を使用します。通常6か月で改善しますが、骨棘が多く出っ張り何年も我慢し、悪化させた場合は約1年を要します。

痛みのない場合のテーピング法

免震インソール

免震インソール
かかとの柔らかさに近づけた「人工筋肉素材ソルボ」の優れたクッション性。
外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏から伝わる、過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。
痛みのある方や足裏にタコがある方、ウォーキングなどよく歩かれる方などにおすすめです。
(2)テーピングが難しいという場合は、サラシ包帯固定と足関節のヒールロックサポーターが必要です。目的は固定により出っ張った骨(骨棘)を吸収させる(過剰仮骨の吸収)ことを最優先します。

ヒールロックサポーター

ヒールロックサポーター
浮き指があると、親指を踏ん張れないため、かかとに重心が片寄り、歩行の度に、足首のゆるみと、足首の衝撃を繰り返し受けてしまいます。
このサポーターは、かかとを左右からロックすることで動きを止めて足首を補強します。
※この商品は1個入り、左右兼用です。

動画

講演・セミナー案内

特別講座


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール 未病サイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

浮き指改善グッズ

  • 外反内反靴下
    外反内反靴下

    脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。

  • 免震インソール
    免震インソール

    かかとの柔らかさに近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性で、かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。

  • ココベルト17
    ココベルト17

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」に。股関節の痛みや腰痛対策にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター エア式パソコン首サポーター

    専用の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。装着しながら日常を送ることで、首の加圧トレーニングとなり、首が鍛えられます。クッション性のいい素材で首が楽。パソコン・スマホ時・新幹線や飛行機などの移動時に最適!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

浮き指ブログ

浮き指ブログはこちら
Kasahara 【公式】浮き指研究の第一人者・笠原巖の浮き指専門サイト

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ